インターンシップ

インターンシップってどういう意味?就活する上で絶対に参加しないとダメなの!?インターンに参加する4つのメリットを紹介!

たかし
たかし
こんにちは!たかしです。今日のテーマは、「インターンシップに参加することによって得られるメリット」です。就活が始まるとインターンのことで頭がいっぱいになると思います。

私も当時インターンに参加しましたが、とても有意義だったと思っています。緊張したり、悔しい思いもしましたが結果的には満足です。参加しないといけないの?とマイナス思考になるのは今日で終わりです。

当ページは下記のように考えている学生をターゲットにしています。是非参考にしてくださいね。

  • 正直、面倒なのでインターンに参加しなくても良いと思っている…。
  • なんで、インターンに参加しなければいけないの?
  • 就活を頑張ればいいのなら、インターンの存在意義ってなに?

インターンシップって何のこと?

インターンシップとは、学生が大学で学びながら企業で働く経験を得ることです。あらかじめ定められた期間、基本的には有償で企業で働いて様々な経験を積むことができます。

期間は短いものだと1日、長いものだと1年程度のインターンプログラムがあります。長ければより実践的な身に付けることができますね。事前に働きたい企業を調査してインターンを行うことになります。色々な業界を見ることができるので、就活生にとって重要なプログラムだと言えます。

ハッキリと断言できることですが、“インターンに参加してデメリットになることはありません。むしろ、メリットの方が大きいです!”新卒就活でインターンに参加するべきなのか迷っているのであれば、絶対に参加しましょう。もし、参加していないと就活で困ることになりますよ。

インターンシップに参加する4つのメリット

リアルに近い職場体験を通して、キャリアプランが明確になる

やはり、正社員として働く前に、自分が将来キャリアを積んでいきたい業界で、インターンという形でもチームに参加することは、非常に有意義な体験であり、決して無駄になる体験ではありません。

たとえば、インターンに参加する前は、ITという業界に対して、華やかなイメージを持っていた学生も職場体験後は、想像とはまったく違っていたと感じるかもしれません。

その現実を知ったうえで就活するのと知らずに就活するのとでは、まったく業界に対するイメージが違います。今なら好きなようにキャリアプランを修正できますし、方向性を再度見直すことができます。

大学で得た知識をリアルな現場で生かせる

大学で学ぶことはあくまでも理論ですが、職場体験をすることでその理論を応用することができます。実際に体験することであなたの知識をより強固なものにすることが可能です。この理論は実践に役立つとか、これは少し古いので現場では役に立たないとかを体感できます。

また、この経験によって業界で働くのに必要なスキルを身に付けることができるだけではなく、実際の企業で本当のプロジェクトを行うことで他者と効率的に働くのに必要な人との付き合い方も学べます。当然自信を持つこともできますね。

企業とのコネクションができて内定率が高まる

インターンに参加すると、内定が出やすくなることをご存知ですか?就活は、書類選考で一斉に始まるのではなくてインターンの時点で始まっています。ここで少し、インターンを開催する企業の背景について考えてみましょう。

まず、インターンを開催する企業は、人材を積極的に採用したいと考えています。インターンに参加したいという学生を会社で受け入れるには、それなりに時間とコストがかかります。インターン中は、社員の誰かが学生にずっと付き添うことになるため、通常の仕事ができなくなってしまいます。

企業としては、コストをかけてインターンを開催する以上、利益を得たいと考えます。つまり、一緒に働きたいと思える人材については、この時点で採用したいということです。そのため、インターンに参加するだけで、内定率が一気に上がるということを覚えておきましょう。

面接でインターンに参加したと答えられる

インターンに参加していないと、面接官に「どんな業界のインターンに参加しましたか?」と聞かれても、「私は、インターンには参加していません。」と答えなければいけません。本来インターンに参加する時期に、どの企業でも職場体験を積んでいない時点で、“この学生は、働く気がないんじゃないか。”と思われてしまうのは、避けられないでしょう。

就職先の決定というのは、自分の人生を大きく左右すると言っても過言ではありません。自分の将来性と合致する企業が見つかれば、ずっと長く働き続けることになるからです。そのようなことを決める重要な期間に、インターンに参加していないと面接の土俵にすら立てないということです。

実際に、インターンに参加していない学生は、採用しないという企業もあります。自分には人とは違うこれといった特技がなく、誠実さこそが自分の唯一の取り柄なのであれば、絶対にインターンに参加するべきです。

当記事のまとめ

インターンに参加すれば、必ずと言っていいほど全員採点されます。そのため、インターン生が帰った後は、「あの子は、仕事ができる。あの子は、ダメだ。」と社員同士で話しています。

だからこそ、インターン中は誰よりも本気で頑張ってください。遊びではありませんし、自身の能力を最大限に発揮してくださいね!きっと職場で印象に残るような存在になれば、先に内定を出してくれます。ぜひ、インターンで素晴らしい職場体験を積んでください。

ABOUT ME
たかし
たかし
主に新卒の就活に関する記事を執筆しています。30代の社会人で企業の人事担当として働いています。ご質問があればお気がねなくご連絡いただければと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です