就活全般

就職活動に掛かる全費用まとめ【完全保存版】| 就活の平均費用15万円前後、地方在住者などで交通費がかさむと30万円オーバーも!

たかし
たかし
こんにちは!たかしです。今日のテーマは、「就活に掛かる費用まとめ」です。就活を始める上でどのぐらいお金が必要なのか気になる方も多いのではないでしょうか。

意外と就活ではお金が必要です。特に多くの企業の選考を受ける予定の方や地方在住者の方は必ずチェックしておいてくださいね。

就活をしている周りの人は就職活動にどのくらいのお金をかけているのか?企業から交通費の支給はあるのか?など気になることはたくさんあると思います。そんな就活費用に関する気になる情報をまとめてみました。

就活で掛かる費用の平均は15万円前後

syuukatasuhiyou画像引用元:http://www.disc.co.jp/(株式会社ディスコリサーチ)

株式会社ディスコが行ったリサーチによると2016年卒者の平均費用は162,902円、2017年卒者の平均費用は138,763円となっています。就活を始めるに当たって15万円程度は準備しておかなければいけないということですね。学生にとってはかなり大きい額ですから、しっかりと事前に貯金をするか、親に相談しておく必要があります。ちなみに2016年から2017年に掛けて費用が大きく下がっているのは売り手市場になったために学生への交通費の支給額が大きくなったからだということです。

就職活動でお金が掛かるもの

ここでは就活を行う上でお金が掛かる項目についてまとめています。特に額が大きいものや地域で異なるものをピックアップしています。

交通費

交通費は最もお金が掛かる項目だと言えます。また、都内など中心地に住んでいる方と北海道や九州地方などの地方に住んでいる方とで大きな乖離がある項目です。地元を離れて就職をしようと考えている方は余裕を持って用意しておくことが大切です。

自分が住んでいる場所の近くで就活を行う人は、地方から出向く人よりは交通費がかかりません。しかし、そう思って油断してはいけません。PASMOやSUICAなどを使って都内を行き来していると、すぐに5千円、1万円を超えてしまいます。しかし、一方で企業から手厚く交通費を支給されるため、意外と交通費がかからないというケースもあります。事前に確認すると良いでしょう。

宿泊代金

宿泊代金も大きな項目の一つです。特に関東や関西意外に住んでいる方にとって高額になりがちです。選考が進んでいくと本社での面接となります。そうなると近くにホテルを取って宿泊をするというのが一般的です。

面接の時間や距離によっては日帰りでできなくもないですが、身体のことを考えると仕方ないと思います。また、ビジネスホテルの場合早めに予約をしておかないと予約が取れなくなってしまうこともあるので注意しましょう。

リクルートスーツ代

リクルートスーツも大きな金額になります。スーツ、シューズ、カバン、ネクタイなど全部揃えると30,000円~50,000円程度は掛かってしまいます。AOKIや青山などの安価なスーツで十分なのでしっかりと揃えておきましょう。

意外とお金が掛かるもの

就活を行う上でお金が掛かる意外なものをまとめています。一般的なものは上記の項目をみてくださいね。

面接の合間のカフェ代や昼食代

就活で最もかかるのは交通費と思われがちですが、面接や説明会の合間に時間をつぶすためのカフェ代や昼食代も意外とかかります。カフェに行くと合間に筆記試験対策をしている学生さんをよく見ます。頻度も高いため積み重なるとバカになりません。

書籍代・予備校代など

TOEICや英検などの資格試験や認定試験を取得するためには、受験料・教科書代・予備校代(必要な場合)などが掛かります。中には数万円単位でお金が掛かってしまうものもありますので、費用対効果を考えると良いですね。また、筆記試験のSPI対策でも教科書が必要になってきますので意識しておきましょう。

企業から支給される交通費について

koutuuhisikyuu画像引用元:http://www.disc.co.jp/(株式会社ディスコのリサーチ)

就活費用を考える際に気になるのが、企業からの交通費の支給があるかどうかということだと思います。一般的に、会社説明会や1次面接など就職活動の初期には、交通費が支給されないことがほとんどです。その頃にはまだ参加する学生の数が多すぎて、全員に交通費を支払うことはできないからでしょう。

しかし、2次面接や最終面接などある程度学生の数が絞られてくると、交通費が支給されるケースが多くなります。株式会社ディスコのリサーチを見ると、最高支給額が2万円台という企業が最も多くなっていることがわかります。新幹線や飛行機でなければ会社に行けない人にはありがたいですね。

1千円台や2~5千円台という企業も多いですが、これは遠方から就職活動をする人が少ない企業である可能性もありますのでこれだけでは判断できません。また、遠方から面接のために本社に出向いても交通費を支給しない企業もありますので、面接の前にしっかりと確認する必要があると言えます。

まとめ

今日は就職活動に掛かる費用についてまとめました。特にお金がかかるのは、交通費・宿泊費・リクルートスーツ代です。平均で15万円前後のお金が掛かっているので、事前に貯めておくかご両親に相談しておくと良いですね。

また、地方に住んでいて都内などでの就職を考えている方は交通費及び宿泊費が多額になることがあります。どのぐらいお金が掛かるのかこのページを参考にリサーチしてくださいね。

ABOUT ME
たかし
たかし
主に新卒の就活に関する記事を執筆しています。30代の社会人で企業の人事担当として働いています。ご質問があればお気がねなくご連絡いただければと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です