面接・選考

一次面接パーフェクトガイド【2019年卒】| 一次面接とは?何を見られているのか?通過のポイントを解説します!

たかし
たかし
こんにちは!たかしです。今日のテーマは、「就活における一次面接」です。企業があなたに行う初めての面接です。どういうことを聞かれるのか、どんな対策をしたらいいのかを知りたい方向けのコンテンツです。

企業情報を集めて応募企業を決め、エントリーをして書類選考に通ったら、いよいよ1次面接のスタートです。面接にはいくつかの段階がありますが、1次面接では何を見られるのでしょうか?ここでは、1次面接を通過するためのポイントについて、まとめてみたいと思います。

1次面接の実施方式とは?

1次面接とは、通常どのような方式で行われるのでしょうか?1次面接の実施方式について、詳しく見ていきましょう。

1次面接通過率

「50%~80%、ごくまれに10%ほどというケースもある」

多くの書類選考通過者の中から問題がなさそうで社風に合っていそうな就活生を最低限の審査基準で採るのが、多くの企業の1次面接です。まれに、1次面接で絞り込んでしまう企業もあります。

1次面接実施時間と実施形式

「30分~1時間、集団面接が多い」

面接対象の数が多いため、5人ほどの集団面接を行うことがほとんどです。時間も、30分から1時間で、一人当たりに割かれる時間はそれよりさらに少なくなります。しかし、一人一人の選考に必要な時間は確保されますから心配はいりません。

1次面接を行う面接官は誰なのか?

「一般社員や入社5年~10年目の若い社員、ベテランの人事担当者が担当することもある」

多くの学生の面接をさばかなければならないため、現場の一般社員がヘルプに入ります。チームリーダーになった頃の若い社員が担当することもあります。

中にはベテラン人事担当が面接をすることもありますが、たいていは現場社員が持ち回りで面接をさばくという形になるでしょう。

1次面接で見られることとは?

皆さんが気になる一次面接で見られていることをまとめています。これらの点に注意して面接に望めば失敗することはないでしょう。

マナーや礼儀、身だしなみ

面接室に入り挨拶をする、促されてから椅子に座るなどの挙動や、話し方、敬語の使い方、身だしなみが社会人として適切かなど、見た目についてはしっかりと見られています。

自己紹介や志望動機、強み弱みなど基本的なこと

1次面接では、自己紹介や志望動機などの基本的なことを聞かれます。それぞれの質問に対してある一定の企業ごとの基準が設けられており、その基準を満たしているかを見られます。

その基準は企業ごとに異なりますが、内容的なことというよりは、質問に対して矛盾なく答えられる、積極的に発言できるなどという点を見られている場合が多いでしょう。

コミュニケーション能力の有無

最も見られているのが、コミュニケーション能力の有無です。質問をしっかりと最後まで聞き相手の質問の意図を理解できるか、質問の意図に合った回答ができるか、わかりやすく話すことができるかなど、コミュニケーション能力に難が無いかを見られます。

1次面接を通過するポイントとは?

これらのことを踏まえて、1次面接を通過するためのポイントについてお話しします。

社会人としての常識を持っていることをアピールする

社会人として当たり前のマナーや礼儀、身だしなみが備わっていない学生もいます。そんな学生を入れてしまわないように、1次面接では社会常識をしっかりと見られます。

そのため、面接前にマナーや礼儀を再確認し、面接の練習をしましょう。そして、スーツやワイシャツ、カバン、靴などが見苦しくないか、もう一度確認してください。

自己PRや志望動機の内容を覚えて明確に話す

1次面接では自己PR、志望動機、強みや弱み、学生時代の経験など、一般的な質問しかしてこないことが多いので、これらの内容をしっかり準備し頭に入れておきましょう。

準備してきたことをよどみなくハキハキと話すことができれば、1次面接としてはまずはOKではないでしょうか。

面接官の話をしっかりと聞き、わかりやすく話す

コミュニケーション能力をアピールするためには、まず相手の話を聞くことができなければなりません。こちらの話もろくに聞かず、自分のアピールをただひたすら続けるような学生は、1次面接で必ず切られてしまいます。

それでは、人と仕事をすることなどできないからです。相手の話をしっかりと聞き、時には質問の意図を確認しながら、相手が知りたいことは何なのかを考えながら話すことが重要です。

また、緊張すると早口になりがちですから、意識してゆっくりとハキハキ話すことでちょうど良くわかりやすい話し方になるでしょう。

まとめ

1次面接では、社会人として最低限のことができるか、社風にある程度合っているかなどというごく基本的なことしか見られないことが多いです。

そのため、しっかりと準備しておけば、まず問題ないでしょう。しかし、1次面接だからと言って、慢心するのは禁物です。必ず話す内容の確認と面接の練習をしておきましょう。

ABOUT ME
たかし
たかし
主に新卒の就活に関する記事を執筆しています。30代の社会人で企業の人事担当として働いています。ご質問があればお気がねなくご連絡いただければと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です