英語

英語なんて必要ない!そう感じる大学生はぜひ読んでください!!英語を勉強するメリットとは何かを考えてみる!!

english
管理人たける
管理人たける
こんいちは!大学どっとこむの管理人たけるです。今日のテーマは、「英語を勉強するメリットまとめ」です。日本では中学生あるいは小学生から英語を勉強しています。

しかし、どうして海外に行かないのに英語を勉強しないといけないのかと疑問に感じている学生も多いと思います。今回は30代になった私が感じる英語学習のメリットについてまとめてみます。

英語を勉強するメリットを考えてみた!

正確な情報へのアクセス範囲が無限大に広がる

英語の必要性を感じていない人は、現状周りにあるものだけで満足してしまっている傾向があります。世界で起こっている事実に関する「日本語に翻訳された情報」は、本来の情報量の1%にも満たないかもしれない事実にも気付いていません。

しかもその翻訳はいわば翻訳者の独自解釈によるものです。そんな偏った情報だけを信じて満足していて、本当によいのでしょうか?世界にあふれている情報のうち、せめて英語だけでも原文で直接理解できるようになると、得られる情報が偏ることなくそして無限大に広がります。

世界には、さまざまな価値観の人がいることを受け入れられる

英語を理解できるようになると、世界中のさまざまな人々と出会う機会ができます。ほんの一瞬でも時間を共にする経験を重ねることで世界には異なる考え方があり、さまざまな価値観があることを知り、自然に受け入れることができるようになります。世界の人々と自分を比較して、日本で培われた価値観は必ずしも重要ではないと気付くことも、世界観が広がったことになるでしょう。

「できること」が飛躍的に増える

さまざまな正確な情報に垣根なくアクセスできることから派生して、英語ができるようになると、英語ができない普通の日本人にはできないことが、あっさりできるようになります。

言葉が分かるだけで、外国で受け入れてもらえる範囲は飛躍的に広がるというのがその理由です。例えば身近なところでは海外旅行中、英語が話せる人はいい思いをしていると思いませんか?これは顕著な事実です。

人生において絶対にいいことが起きる

価値観は人それぞれですから、メリットかどうかの気付き方には差があるかもしれませんが、英語を勉強していれば「人生において絶対にいいことが起きる」ことは断言できます。

「いいこと」は勉強中に随時必ず起こるとは限らず、英語が身に着いてから何年も経ったあとで、ということもあります。それは仕事かもしれませんし、あなたの人生に大きな影響を及ぼす人との出会いかもしれません。

私の具体的事例

翻訳の仕事をすることができる

私は副業で翻訳の仕事をしています。これは英語を勉強していたメリットだと言えますね。収益の柱を本業だけに頼らずに生きていけるのは嬉しいですね。万が一本業がダメになってしまっても、翻訳で生活費を稼ぐことができます。お金を稼ぐことよりも収益源が他にもあるということから得られる安心感は絶大です。

常に新しい情報をインプットして仕事に生かす

WEBマーケティング、経営学など最新の情報は英語の文献であることが多いです。原文のまま理解することができれば、周りの人と差を付けることができます。仕事に生かして昇給を目指すことも可能です。今はAmazon.co.jpからでもアメリカやイギリスから書籍を購入したり、電子書籍で読むことができるのでたくさんの情報を入手できます。もちろん目に入る情報が多すぎるので、どれが重要なのかを取捨選択する必要がありますが大きなメリットだと言えますね。また、場合によってビジネスチャンスを見つけることができるかもしれません。

まとめ

英語を勉強する必要性を感じていない人には、残念ですがそのままこの先の人生、これらの可能性も閉じてしまうことになります。英語を勉強することで、知識や技術が増えるだけでなく、人として何倍もアドバンテージが上がる経験を、ぜひ一人でも多くの方にしていただきたいと思います。

ABOUT ME
たける(管理人)
たける(管理人)
大学どっとこむの管理人です。30代で奥さんと猫と暮らしています。車が好きです。大学生の時に知っていたらもっと人生が豊かになっていただろうなと思うことを記事にしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です